フィリピン留学のメリット・デメリット

フィリピン留学

フィリピン留学って聞いたことがあるけど、実際どうなの?メリット・デメリットは?英語が話せるようになりたい!外国人の友達がたくさん欲しい!そんなあなたに、フィリピン留学の全てをお伝えします!

フィリピン留学のメリット

私はフィリピンのセブ島というところへ二ヶ月間留学をしていました。そんな私の経験からメリットを4つにしぼってみました。

1、マンツーマンレッスンで英語力アップ
2、一日中英語漬け+週末はリフィレッシュ
3、留学費用が安い
4、フィリピン人には親日家が多い

1、マンツーマンレッスンで英語力アップ

フィリピンの語学学校の授業形態にはいくつか種類があります。例えば、私の行っていた学校は平日外出不可のスパルタと呼ばれるプログラムを採用している学校でした。

平日のスケジュールは、朝は7時からマンツーマン授業×5コマ、午後はグループディスカッション×5コマ、夕食後ルーフトップでスピーキングの授業、自主学習。と盛りだくさん!朝から夜までずっと英語と触れ合うことができます。

しかも、隣には先生が常にいるので分からないところもすぐに聞いて解決することができます。周りの目を気にせず質問ができるので恥ずかしがりな私たち日本人にも優しいですよね!
先生は毎日同じ先生なので、勉強方法の相談も気軽にでき苦手や得意な部分もふまえ、『私専用』の勉強の進め方を一緒に考えてくれました。

 

他にも、toeicに重点を置いたような授業、IELTSのコースなどを選択できました。選択肢が多いので、自分が英語学習に置いて何を目指しているかによっていろんなコースが選べることも魅力の一つだと思います。

2、一日中英語漬け+週末はリフィレッシュ

1日に何時間も勉強して休日は何をしていたの?また勉強?と思われたあなた、、、、どんでもない!
勉強のストレスをリフレッシュしようと旅行に、遊びに、カフェ巡りに毎週忙しくしてました。
特に、同じ日に留学が始まった仲間のことをバッチメイトと呼ぶのですが彼らとは旅行も買い物も休日は一緒に楽しんでいました。彼らつながりで学校の子達と仲良くなったり、彼氏ができたり、、、。♡笑

 

セブ島で休日楽しめるアクティビティについては今後記事にしていこうと考えています!

3、フィリピン留学の費用

留学というと、やっぱり費用はとても気になりますよね。でも安心してください!フィリピンが留学先として注目されたのはその物価の安さなのです。
私は2ヶ月間の滞在で、飛行機代、滞在費、留学費用合わせて約50万円ほどでした。詳しい内訳はこちらのブログを参考にしてみてください

フィリピン留学〜セブ島留学費用〜
セブ島留学の費用、滞在費などお金はいくらかかる?2ヶ月のフィリピン留学で私が払った金額をお伝えします!
4,親日家の多いフィリピン

外国の方って私たち日本人よりも日本の歴史やドラマ、アニメに詳しかったりしませんか?私が知り合った人たちもハロー○ティーが大好きな先生、アニメがすきな先生、日本で実際に看護師として働いた経験をもつ先生もいました。
(こうゆう時、日本のご先祖様達は素晴らしいなぁ、いろんな国から憧れられる国を作るなんて、、、ありがたい。と私はいつも思っています。笑)

日本語を教えてよ!なんてことにもなり、私は今でも語学学校の先生と時々メッセージをしたり電話をしたりする仲です。帰国してからも英語を使ういい機会にもなりますし、一生の友達にもなれます

続いてはデメリットについてお話しします

フィリピン留学のデメリット

1、留学生の国籍に偏りがある
2、治安が悪いところがある
3、WIFIの環境があまりよろしくない(場所、時間による)
4、lazyな国民性

1、留学生の国籍に偏りがある

私のいた語学学校には、韓国人台湾人日本人この三ヶ国からの留学生からしかいなかったです。長期滞在者が多く、一年近くここで過ごす予定の人もいました。『世界中の人と友達になりたい』と思ってフィリピンに留学を決めるとちょっとイメージと違う結果になってしまうかもしれません。

2、治安

フィリピンと聞くとテロや犯罪に巻き込まれるんじゃ、、?と不安になってしまう方もいるかもしれません。確かに危ない地区はあります。(留学アドバイザーの方や先生の注意をよく聞くようにしてください!)
海外は日本とは勝手が違います。むやみやたらに財布を出したり、夜道を一人で出歩かないようにしたり犯罪に巻き込まれないように注意しましょう

3、WIFI環境

学校や大きなモール、レストランには必ずついていました。しかし!学校ではみんなが同じ時間に一斉にWIFIに接続するので繋がりにくいことが多かったです。そんな時はみんなでルーフトップへ来て(そこにWIFIのルーターがありました)、『繋がる?』『全然ダメ!』というふうな会話をよくしていました。
そんな不便さも、海外ならではでした。

4、フィリピン人の国民性

フィリピンにはとても陽気で楽しいひとが多いです!(ゲイがとても多い国でも有名です。学校にもゲイの先生が普通にいます)
そんな国民性のせいか、ショッピングモールの店員が平気でカップラーメンを食べていたり、スーパーで長蛇の列ができているにもかかわらず店員同士でジョークを言い合っているなんてこともあります。
それだけなら「お国柄だな」で済ませるのですが授業の担当の先生も同じような態度だとたまったもんじゃありませんよね!
そんな時は、すぐにでも先生を変えてしまいましょう。あなたは勉強をしにフィリピンへ来ているのですから。

 

まとめ

ということで、フィリピン留学の良いところ、悪いところをまとめてみました。

メリット↓

1、マンツーマンレッスンで英語力アップ
2、一日中英語漬け+週末はリフィレッシュ
3、留学費用が安い
4、フィリピン人には親日家が多い

デメリット↓

1、留学生の国籍に偏りがある
2、治安が悪いところがある
3、WIFIの環境があまりよろしくない(場所、時間による)
4、lazyな国民性

コメント